北大西洋戦史
 

1939年10月 遣英艦隊英国到着・タンカー不足から活動が制限される
1941年 5月  ライン演習阻止失敗。英空軍,全力を上げたブレスト機雷封鎖・空爆作戦実施。高速艦艇の本国艦隊への集結
      6月 アゾレス沖海戦・日英軍敗北
      9月 ソ連の対独戦開始の隙を突いた第2次アゾレス奪回作戦(成功)。大西洋の制海権奪回
1942年 1月 マーシャル沖の敗戦を受け,米,英国打倒を第一に路線変更・アンティータム級2・3番艦を義勇艦隊に編入,通商破壊戦再開
           英,<アークロイヤル><イリジスティブル(アークロイヤル級2番艦)><イラストリアス>等主力空母群を海上護衛戦に投入
      4月頃 米,アンティータム級2隻を義勇艦隊に追加
      5月  <翔鶴>,<瑞鶴>と共に日本本土帰還・入れ替わりに<千鶴>を派遣,英正規空母,スカパフロー集結
      6月 ミッドウェーで米軍勝利・米,2正面作戦に変更
      7月  英本土空襲の基地としてしか空母を使おうとしないゲーリングへの抗議をこめてレーダー辞任・後任はデーニッツ
             ゲーリングより米義勇艦隊空母の指揮権を奪取
      8月  義勇艦隊のチャネル・ダッシュ成功,英海上交通戦の崩壊
      10月頃 合衆国義勇艦隊機動部隊と英機動部隊の最後の機動部隊決戦・夜間奇襲雷撃でアンティータム級1隻を撃沈するも,<イリジスティブル(アークロイヤル級2番艦)>並びに多数の艦載機を損失
           大西洋の制海権損失が決定的に
           英,艦載機の性能不足を痛感・北崎の<彗星>を<Kanon(異例のオランダ後読み)>として艦載機として正式採用
     12月  第2次あしか作戦・ブレスト封鎖解除
           独逸軍,英本土上陸
 

ちなみに,現段階における脱出艦艇は
 戦艦<守護聖人>級2
   <KGV>級2
   <河田“カナダ”穂鳥>
   <フッド>級1
   <リナウン>級2
   <レヴェンジ>級1
   <クイーン・エリザベス>級1
 空母<アーク・ロイヤル>
   <イラストリアス>級(とはいっても,排水量的にはむしろオーディシャス級並ですが)3
   <グローリアス>
   <ハーミーズ>
   <アーガス>
     その他,未完成艦<スフィー><リアン>