トップ 新規 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

〈澪月〉

ヘッドライン

最近の更新

各種艦艇 / 〈長岡《加賀》志保〉 / 大ドイツ連邦軍指揮体制私案(2015年) / 世界設定 / ヘーアに関する覚え書き / クリーグスマリーネに関する覚え書き / ルフトヴァッフェに関する覚え書き / 大ドイツ帝国の年代別状況 / その他兵器 / 日本帝国陸軍歩兵火器に関する設定案

〈澪月〉 Antiaircraft Destroyer Kouduki-MIOTSUKI-Mio,IJN

Tactics「ONE〜輝く季節へ〜」上月 澪


 傑作艦との呼び声も高い、〈相沢《秋月》祐一〉級駆逐艦第1シリーズの12隻に属する。1942年6月4日に竣工した。基準排水量2700トン。
 〈澪月〉は「言語に不自由な」艦として知られている。無線装置が受信できるものの、どういうわけか発信が殆どできなかったのである。幾多の改良、治療が試みられたが最後まで直ることはなかった。しかし乗組員達はそんな境遇にもめげず、発光信号「うんうん」や手旗信号「なの」によって他艦とのコミュニケーションを図っている。無線機の不調に悩んでいた初代艦長K月少佐に、海軍畸人伝の筆頭に挙げられる〈折原《吉野》浩平〉艦長K大佐が無線に頼らずともいくらでも「思いをつたえられる」方法があることを諭したからである。
 悩みを吹っ切ったK月艦長以下の〈澪月〉は、以後日本海軍が達するあらゆる海域にて子犬のように走り回り、何にでも一所懸命に任務に精励する。帝国海軍においてくせ者揃いで知られる駆逐艦部隊であったが、とりわけ一癖も二癖もある艦長達が揃っていることで知られる〈相沢《秋月》祐一〉級の中で、〈澪月〉は素直で愛らしい性格で有名だった。それだけに「部長」こと、戦隊司令の信頼は高かったのである。
 42年夏の北太平洋攻防戦では、夜の霧に位置を見失い、島陰で朝になるのを待っていたことがある。敵地のただ中ということもあり、消化器(原文ママ、消火器の誤記)が倒れる音に飛び上がるほどの緊張を乗組員たちは強いられていたのだった。
 機動部隊再建にともない、装甲空母〈里村《海鳳》茜〉の護衛として〈柚月〉と共に奮戦することになった。彼女との付き合いは、1951年1月26日の第2次クレタ沖海戦で〈里村《海鳳》茜〉が大破してアレクサンドリア港に着底するまでの長いものとなった。
 第3次世界大戦後は英国海軍へ売却され、〈アクトレス〉との名で大舞台というべきロイヤル・ネイヴィーの一翼を担っている。

要目(新造時)

  • 全長 134.2メートル
  • 全幅 11.6メートル
  • 主機 艦本式ギヤード・タービン2軸
  • 主缶 ロ号艦本缶3基
  • 機関出力 52000hp
  • 最大速力 33ノット
  • 航続距離 8000海里/18ノット
  • 基準排水量 2700トン

兵装

  • 主砲 65口径10センチ砲連装4基8門
  • 機銃 25ミリ連装機銃3基6丁
  • 魚雷 61センチ4連装発射管1基

兵装(1946年以後)

  • 主砲 60口径12.7センチ砲単装4基4門(自動砲)
  • 機銃
    • ボフォース40ミリ連装機銃7基
    • エリコン20ミリ連装機銃4基
    • エリコン20ミリ単装機銃9基
  • 噴進砲 12センチ28連装砲2基
  • 爆雷
    • 七式散布爆雷投射機1基
    • 五式音響爆雷42発

同級艦

  • 第1シリーズ
  • 〈相沢《秋月》祐一〉 〈照月〉 〈涼月〉 〈初月〉 〈新月〉 〈澪月〉
  • 〈夕月〉 〈大月〉 〈霜月〉 〈宵月〉 〈花月〉 〈柚月〉
  • 〈美月〉級 3000トン(〈島風〉級の機関を移植、37ノット超を出す高速艦)
  • 〈美月〉