トップ 新規 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

〈冴風〉

ヘッドライン

最近の更新

各種艦艇 / 〈長岡《加賀》志保〉 / 大ドイツ連邦軍指揮体制私案(2015年) / 世界設定 / ヘーアに関する覚え書き / クリーグスマリーネに関する覚え書き / ルフトヴァッフェに関する覚え書き / 大ドイツ帝国の年代別状況 / その他兵器 / 日本帝国陸軍歩兵火器に関する設定案

駆逐艦〈冴風〉(DD SAEKAZE,IJN)

(元ネタ:カクテル・ソフト「With You 〜みつめていたい〜」より田中 冴子)

 重雷装と40ノット超の高速で、水雷夜襲駆逐艦の究極形となった〈島風〉級の最終番艦…になる予定だった艦。建造中に日米戦が終結し、その時は機関の3分の2と武装の一部が搭載された状態にあった。すでに水雷夜襲と言う戦術そのものが止めを刺されていた事から、彼女は一時期解体も検討されたが、完成度が高く解体した方が高く付くため、残る機関と武装の搭載を中止し、兵員室を増設。練習駆逐艦として配備された。
 〈天都〉とともに教育隊を編成していた彼女は、ミャンマー支隊に配属となり、新型の対潜噴進爆雷投射機が設置された。足こそ遅くなったものの、艦長S大佐の敢闘精神あふれる指揮とフットワークでUボートを翻弄し、蹴散らしている。彼女がうち放つ噴進爆雷の制圧力は目覚しく、「まるでハンドボールの高速シュートだ」と恐れられた。
ただ、半分に減ったとは言え高温・高圧の機関から発する自己騒音のためソナーの利きが悪い事が多く、そのため戦闘に必要なデータは〈信楽〉から受け取っていた。よって艦種が全く違うにもかかわらず、2隻は常に一緒に行動し、「インド洋で一番仲の良いコンビ」と呼ばれた。

性能諸元

基準排水量…2570トン
全長…129.5メートル
全幅…11.2メートル
速力…32ノット

武装主砲…50口径12.7センチ連装×2   ヘッジホッグ×2   戊式40ミリ対空機関砲四連装×2              連装×4   61センチ5連装魚雷発射管×1