トップ 新規 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

〈クルシェンヌ《閃電》ルーセル〉

ヘッドライン

最近の更新

各種艦艇 / 〈長岡《加賀》志保〉 / 大ドイツ連邦軍指揮体制私案(2015年) / 世界設定 / ヘーアに関する覚え書き / クリーグスマリーネに関する覚え書き / ルフトヴァッフェに関する覚え書き / 大ドイツ帝国の年代別状況 / その他兵器 / 日本帝国陸軍歩兵火器に関する設定案

三菱 五式戦闘機 〈クルシェンヌ《閃電》ルーセル〉

元ネタ:ぱじゃまソフト「プリンセスうぃっちぃず」クルシェンヌ・ルーセル(クルル)

解説

 〈クルシェンヌ《閃電/ライトニング》ルーセル〉は、第三次世界大戦前半期における統合航空軍の主力戦闘機である。
 丸みのある短い胴体に、アスペクト比の高い直線翼形式の主翼で接合された双ツインテイルブーム形式の胴体をもつ特徴的なデザインのこのジェット戦闘機は、英国から持ち込まれたデ・ハビラント社の試作戦闘機を原型としている。原型となったDH.100戦闘機は、キタザキの〈蒼電〉に影響されてRAFが提示したF6/41案に基づいて設計されたものである。英国より希望を託されて日本へ送られたDH.100原型機は試験飛行の際に国籍不明機をあっさりと撃墜するなど驚異的な成績を示し、当時未だ独立空軍を設立するに至っていなかった日本の関係者に衝撃を与えた。陸海軍から独立する空軍のヒロインには、〈クルシェンヌ《DH.100》ルーセル〉がふさわしい、そう統合航空軍の設立に大きく関わったM堂中佐(当時)は後に述懐している。
 その後、統合航空軍の設立に伴い、主力制空戦闘機の一つとして採用することが決定された。しかし、エンジンについては原型機が搭載していた〈ゴブリン〉エンジンの生産が不可能だったことから日本製のエンジンに換装され、それに合わせて機体の再設計が行われることになった。このため配備された初期の型はエンジンの能力面(純粋な推力だけでなく、戦闘行動半径など全ての面で三菱製エンジンは〈ゴブリン〉に比べて劣っていた)で問題があり、本来の性能を失ったことで地上からの支援が必要な、純粋な迎撃機として考えられていた。しかし、それでもなお統合航空軍の中核をなした人々は〈クルシェンヌ《DH.100》ルーセル〉の能力について確信しており、最終的には統合航空軍における最初の制式ジェット戦闘機、〈クルシェンヌ《閃電》ルーセル〉として採用された。

 〈クルシェンヌ《閃電》ルーセル〉の原型機からの改修および生産は三菱で行われた。日本統合航空軍への編入にあたっての改修点は国産エンジンへのリエンジンによる内部設計の変更、また原型であった〈クルシェンヌ《DH.100》ルーセル〉が部分的に木製であったために高温多湿の日本の環境には向かなかったこと、また材料としての木材の入手が困難であったことから全金属化が行われ、それに伴う改設計も行われている。
 武装は原型機である、〈クルシェンヌ《DH.100》ルーセル〉に搭載されていたものと同じ長砲身・高初速の20ミリ機関砲を4門搭載している。既に日英では航空機銃についての統一が段階的に行われており、弾薬の互換性については問題は無かった。
 また、エンジンは国内および英連邦諸国(カナダおよびオーストラリア)での開発継続が困難とされたため、三菱が新潟鉄工と協力して開発した軸流式エンジン、ネ330が搭載されることになった。ネ330は英国の技術を導入したものの、未だそれを使いこなせていない日本の当時の状況を象徴するエンジンであった。推力自体は〈クルシェンヌ《DH.100》ルーセル〉に搭載されていた〈ゴブリン〉と同程度であったが、重量面で(圧縮機の方式の差があったとはいえ)大きく差をつけられていた。また、それだけでなく燃費等の面でも「大食い」のエンジンであった点も指摘できない。この問題は第三次世界大戦開戦直前、2000キログラム級に推力増強を果たした改良型を搭載した改良型の配備により解決されている。
 また、〈クルシェンヌ《閃電》ルーセル〉の特徴として戦闘爆撃機としての汎用性の高さが挙げられる。原型機より改修された段階で爆弾架の追加が行われ、最大で250キログラム爆弾を2発まで搭載可能となっているほか、外翼部分にはロケット弾も搭載可能であり、制空戦闘だけでなく阻止攻撃や近接支援までこなせるある種の万能機としての能力をもっていた。
 45年に統合航空軍としては初の戦闘機として〈閃電〉の愛称で制式採用されるとともに、1946年より実戦配備が進められた。また、英連邦でも〈蒼電〉の補助戦闘機として〈ライトニング〉の名称で採用されている。

 大戦後期には能力面での不足を補うために再度エンジンを強化し、各部を改設計した改良型も配備され、最新鋭の全天候戦闘機にこそ一歩譲るものの、航空軍の戦闘機戦力の少なからぬ部分を占めることになった。

性能諸元(況拭

  • 全長 9.7m
  • 全幅 11.58m
  • 全高 2.69m
  • 機体重量 3,370kg
  • 全備重量 5,600kg
  • 最大速度 950km/h
  • 戦闘行動半径 500km
  • 発動機 ネ330‐4 ターボジェットエンジン 推力1,890kg
  • 武装
    • 九九式二号四型 20mm機関砲 4門
    • 爆弾等 最大500kg