トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • FrontPage - この会議室は各種艦艇・航空機・車両・その他兵器の提案を行うためのものです。
  • Menu - *車両
  • Rolling the Tube/回転翼機設定素案 -  技術的な特徴などは基本的には〈シーナイト〉と同じくしている。この種の機体としては小型の機体の前後端に三枚羽のローターを備え、後方パイロン部分に装備された1500馬力級ターボシャフトエンジンによって駆動する。胴体後部には下方に開くハッチが備えられており、軽車両の搭載、あるいは貨物の搭載における利便性を図っている。こういった輸送機として優れた特性を持っているため、国産化にあたる変化は相違点はエンジンを国産のものに変更している点にとどまっている(このため、後部ローターマスト部分にエンジンを収容できず、後述する四四式、あるいは本家であるバートル社が追って開発したCH‐47〈チヌーク〉と同様の、左右にエンジンナセルを装備する形式をとった。{{br}}
  • 〈《CA47》エリス〉 -  そしてこれらの装備で重くなった歩兵を輸送するとともに移動途中での防衛戦闘も出来る車両が要求された。これが〈《CA47》エリス〉(CAとはカーゴ・オートブリンダ=輸送戦闘車の略)である。{{br}}
  • 〈《ウィーゼル》ネコアルク〉 -  航空機による高い戦略機動力を有するものの、降下後は単なる軽歩兵部隊になってしまう降下猟兵部隊に火力と機動力、そして最低限の装甲を与えるべく開発・配備された車両であり、サイズや武装は全く違うものの、ダブル式の転輪、防弾鋼鈑の溶接で構成された角ばった砲塔と車体といった外見は妙に〈アルクェィド《ティーガー后侫屮螢絅鵐好織奪鼻咾鯀杼させる雰囲気を醸し出しており、車両の構造も至っててオーソドックスなものなのだが、何故かドイツを含む各国軍事評論家の中ではイロモノ戦闘車両のトップクラスとして認識されている。{{br}}
  • 〈《四五式装輪戦車》琥珀〉 -  1985年夏、鄭州において、撤退行動から反転して奇襲をしかけた共産軍によって国府軍が殲滅された。中華民国にとって、それは心臓に達する程の致命傷だった。日本は緊急援助でもって国府軍を支えたが、戦線は黄河流域から淮河以南にまで押し下げられており、共産軍を押し返すことは至難となっていた。ただ、クリークの発達した地域であるだけに共産軍戦車の活動が制限されたことが救いだった。そしてクリーク地帯では軽量で機動性の高い装輪装甲車が活躍を演じ、機甲戦力の主力を担った。追いつめられていた国府軍と日本は手当たり次第に活用できる車両を投入し、それが試製品であることなど気にも留めていなかった。その余裕がなかったのだ。そして三菱では試製装輪戦闘車(後の〈《四五式装輪戦車》琥珀〉)の増産に転じた。エスカレートする戦局はより火力の大きい装甲車を求めていたのである。{{br}}
  • 〈《四七式歩兵戦闘車》翡翠〉 -  1987年3月12日に制式化された歩兵戦闘車。開発及び生産は三菱ふじょう。英連邦ではアルヴィス〈ジェイド〉として知られる。〈《四五式装輪戦車》琥珀〉の派生車種に見られることが多いが、開発当初から2車種が存在しているので双子車両というべきであり、開発者である武内技師の寵愛を一身にうけていた。{{br}}
  • 〈アイリ〉 - 完全コンピュータ化による情報機能の強化がその最適の解決策であったが、それには開発、および既存車両への装備ともに莫大な費用が必要とされた。そこで、プロジェクトでは〈アイリ〉シリーズの輸出を計画する。{{br}}
  • 〈アルクェイド《ティーゲル后侫屮螢絅鵐好織奪鼻 -  90年代にスウェーデン陸軍の次期MBTとして〈アルクェイド《ティーゲル后侫屮螢絅鵐好織奪鼻咫奮蟾佶せ斗諭砲函劵轡┘襦咾競合したが〈アルクェイド《ティーゲル后侫屮螢絅鵐好織奪鼻咾選定されている。その選定理由の一つが良好な機動性であり、特に積雪地では競合車両より大幅に勝っていたという。{{br}}
  • 〈シエル〉 -  フランクフルト・アム・マイン郊外パルクスハイム演習場での独仏合同演習において、情報交換の筈がいつの間にか口論となり、果ては実弾を交わし合う実戦にまで発展した事件があったが、〈シエル〉は一台の〈アルクェイド《ティーゲル后侫屮螢絅鵐好織奪鼻咾鬚盍袷慣眷砲任なかった。もっともマシンガンのごとき集中射撃を食らって横転してしまった車両はあったのだが。{{br}}
  • 〈ナルバレック〉 -  〈ナルバレック〉は、1982年にイタリア陸軍の提示した仕様に基づいて、OTOメララ(後のOTOブレダ)とイヴェコ(フィアット、ランチアの合弁会社)の防衛車両部門が協同で開発したMBTである。全体のとりまとめをOTOメララが、パワーパックと懸架装置をイヴェコが受け持った。{{br}}
  • 〈ナルバレック〉(正規版) -  〈ナルバレック〉は、1982年にイタリア陸軍の提示した仕様に基づいて、OTOメララ(後のOTOブレダ)とイヴェコ(フィアット、ランチアの合弁会社)の防衛車両部門が協同で開発したMBTである。全体のとりまとめをOTOメララが、パワーパックと懸架装置をイヴェコが受け持った。{{br}}
  • 〈愛沢《ライン》ともみ〉 -  英国が防御態勢に入ったことも確認されている。8月31日にフランドルへ偵察に飛来したスピットファイア2機が、「クロムウェル」という無電を繰り返し発したのである。それはドイツ軍の上陸作戦開始を告げる警報だった。スピットファイアは、フランドルからピカルディに展開しつつある膨大な兵員や車両の群を視認したのである。「クロムウェル」警報を受信した英国は、直ちに戦力集中を開始する。イングランド南部やロンドンの自家用車は夜間にはガソリンを抜くよう通達された。ドイツ空挺部隊が市民の自動車を奪って活動することを恐れたのである。そして、ホームガードもまた臨戦態勢に入った。老人と子供のような兵からなる部隊。それが英国の最後の護りだった。{{br}}
  • 〈遠野《チャレンジャー》秋葉〉 -  1991年には大改良が実施された。〈遠野《チャレンジャー2》秋葉〉と通称される。主眼は機動力とヴェトロニクス(車両用電子装置)の強化である。英連邦軍MBTの弱い機動力を危惧した日本の提案による改良だった。この強化は、オンタリオ戦線での追撃包囲戦に大いに役立っている。{{br}}
  • 〈戒田《ARL44》真希〉 -  とはいえ、ドイツも新式車両(ノイバーファルツォイク)をバルバロッサ作戦に投入して、開戦直後の6月28日にKV1と遭遇して撃破されているのだから笑える立場ではないのだが。TOGという菱形戦車の末裔をロンドン防衛に引っぱり出した英国人と比較しても同様だろう。{{br}}{{br}}
  • 〈戒田《九九式自走山砲》宗介〉 -  その前身は、三菱がプライベート・ベンチャーとして開発した軽戦車の車体を利用して、上構をケースメート式砲塔とし四一式山砲を搭載した車両である。元来は歩兵支援火力の自走化を図る国府軍の発注により開発されたのだが、低コストで比較的強力な自走砲が手に入るということでタイや南米各国に数百両が売れ、これに気をよくした三菱は生産中だった〈瀬能《九七式中戦車チハ》英里子〉の車体に手を加えて自走砲を開発した。そして三菱製自走山砲の各国での利用実績が高い事に注目した陸軍が搭載砲を九四式山砲へ変更した車両を発注し、〈戒田《九九式自走山砲》宗介〉として採用された。{{br}}
  • 〈弓塚《M46》さつき〉 -  試作車両は1947年5月に完成し、1947年度予算で10両の試作車両が発注された。この時点での名称はT40である。そして同年7月30日、〈弓塚《M46》さつき〉として制式化され、生産発注が下された。〈弓塚《M46》さつき〉は合衆国陸軍の「アイドル」となったのである。しかし1948年5月にドイツ軍が合衆国への侵攻を開始したため、〈弓塚《M46》さつき〉を主力戦車にするという合衆国陸軍の願いは叶わない結果となった。{{br}}
  • 〈弓塚《スーパー・パーシング》さつきAC〉 - (※2) 〈弓塚《M46》さつき〉の改良型であり、ステレオ式測距儀を搭載し、防御力を高めた鋳造製の新型のものに換装した車両。第三次世界大戦後に残存した車両全てが改装されたが、母体となる〈弓塚《M46》さつき〉自体の残存数が少ないため、結果として10数台しか存在していなかった。{{br}}
  • 〈高屋敷《マチルダ機嫂申磧 -  残る作業は一つだけ。駆逐艦、スループ、フリゲイト、商船、漁船、ありとあらゆる艦艇船舶を使い、激しい空襲の合間を縫ってグラスゴーからカナダへの脱出は続けられている。難民をグラスゴーに送り届けたとき、〈高屋敷《マチルダ機嫂申磧咾了賃玄嵶樵瓦討力尽きた。{{br}}
  • 〈高屋敷《九四式軽装甲車》準〉 -  この種の多用途装軌車両は軍全体の機甲化から考えれば決して悪いものではなかった。一部の歩兵主義者はともかくとして、砲の大型化は(相対的に)軽砲であっても牽引車を必要とする状況にあった。――弾薬については言うまでもない。日露戦争、そして第一次世界大戦の戦訓から、砲の基数――。{{br}}
  • 〈佐伯《Su−152》つぐみ〉 -  ドイツ戦車に対抗可能な数少ない戦闘車両となった〈佐伯《Su−152》つぐみ〉は、その後内戦に投入される事も少なく、リュージン・ツィタデル戦区などの重要拠点の防衛に集中配備され、攻めて来るドイツ軍を「おもてなし」し続けた。{{br}}
  • 〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉 -  当初は歩兵支援用の榴弾砲装備という「おとなしい性格」の自走砲として開発が進展していたが、対ドイツ戦線の悪化に伴い「或る日を境に」対戦車自走砲に計画が改められ、攻撃的な任務を担う「アクティブな性格」の車両に一変した。その運用上、砲兵科に所属しては編成が煩雑になるため「駆逐戦車」という分類が新たに立てられた。{{br}}
  • 〈松倉《三式戦車回収車》明日菜〉 -  地獄を見る目にもあったが、地味で目立たないながらも献身的に仕事を果たした、日本戦車史に欠かせない車両と言える。{{br}}
  • 〈城宮《四万十》椛〉 -  上陸支援艦隊の援護射撃を受けて上陸部隊は撤退を開始したが、ドイツ軍の砲撃で海岸から揚陸艦へ引き返す大発や揚陸車両は次々と吹き飛ばされ、中空に軽々と舞い上がり、海水は赤く染まった。それでもどうにか兵力の大半を収容することはできたが、撤退援護戦闘を行っていた日本海軍陸戦隊のおよそ1000名が逃げ出す術を失って海岸に取り残されてしまった。{{br}}
  • 〈水瀬《イカルス》伊月〉 -  欧州連合は10月22日をもって総攻撃をかける予定であった。しかしマルティニーク島にある第17軍団(フィールハイト)の攻撃開始位置への進出が遅れていたため、攻撃開始時期も随時延期となったのである。これには10月15日の揚陸失敗が尾を引いていた。重砲や装甲車両、各種燃料をサン・ピエールの海岸で枢軸軍航空機の攻撃にさらしてしまい、大量に失っていたのだ。{{br}}
  • 〈瀬能《九七式中戦車チハ》英里子〉 -  巡航戦車設計案A13をベースに開発された、〈芳野《八九式中戦車》雨音〉の後継車両。戦間期から第2次世界大戦前半の日本機甲部隊の主力戦車。巡航戦車Mk.后劵ビナンター〉とほぼ共通の車体に日本で設計した砲塔を載せている。{{br}}
  • 〈蒼崎《四八式中戦車》青子〉 -  余談ながら、陸軍では五九式装甲機動服(ARMS)のプラットフォーム車に、三菱「オレンジ」をベースにした車両を充てている。それは「ガランドウ」とも「人形遣い」とも呼ばれている。{{br}}
  • 〈八車《七式中戦車》文乃〉 -  試作第1号車の完成まで必要とした期間はわずか3ヶ月であった。全てを放り出すような勢いで開発された試製〈三式中戦車チハヤ〉は、富士山麓でのテストで満足すべき結果を出した。直ちに制式化が図られ、相模原工場での生産が開始された。そして先行量産された車両は熱帯仕様を施されて北アフリカ戦線に投入された。リビアとエジプトの間を流動していた前線は今やエジプト領内に食い込み、リビアに移動することは無くなっていたからだ。{{br}}
  • 〈穂村《一式中戦車チヘ》悠夏〉 -  しかし〈瀬能《九七式中戦車改(新砲塔チハ)》英里子〉に続いて投入された北アフリカ戦においては傾罎筬弦羸鐚崛蠎蠅砲聾潦儖幣紊冒雲錣靴燭、更罅劵僖鵐謄襦咾砲倭瓦歯が立たなかった。1943年、キレナイカのドウディマにおける初の交戦後、生き残った車両には鞭で打たれたような傷跡が多数見受けられたという。さらに88ミリ高射砲の直撃一発で炎上するところから、ドイツ兵に「炎(ほむら)の戦車」と名付けられた。{{br}}
  • 〈芳野《八九式中戦車》雨音〉 -  ヴィッカースMk.Cは英国陸軍に採用されなかったため2両だけ製作されたものの内の1両を、1927年にヨシノ機関の前身である戦車購買団が購入したのである。そして日本の要望に基づいてエンジン配置を前部から後部に移し、水冷エンジンから空冷エンジンへ載せ換え、主砲を3ポンド砲から57ミリ砲へと換装している。運用試験ではガソリン・エンジンが火を噴くこともなく好調であった。技術本部車両班でオリジナルよりも軽量化をおこなった後、陸軍では制式採用を決定した。{{br}}
  • M4〈ジャクソン〉(ファイアフライ) - {{br}}だが、第二次大戦勃発と続く戦況は、これらを装備した南部連合軍に大きな疑問を投げかけた。原型車両の開発開始が38年の〈スチュアート〉はともかく、二次大戦勃発後に開発された〈フォレスト〉ですら、列強が配備する主力戦車の前では性能不足であることが、各地から伝えられる情報によって明らかになって来たのだ。
  • T-90〈アルクェイド《チョールヌイィ・オリョル》タタリ〉 -  〈出雲“T-80”彼方〉に続いてロシア軍閥各派及びシベリア公国が共同開発した戦車である。ドイツ軍の〈アルクェイド“ティーガー后疋屮螢絅鵐好織奪鼻咾紡个垢觀萓鑛軸錣醗銘嵒佞韻蕕譴燭海亮嵶召蓮劵▲襯ェイド“ティーガー后疋屮螢絅鵐好織奪鼻咾紡任噌遒弔砲蓮△修譴汎韻言鐚屬任覆韻譴个覆蕕覆い箸いΤ鞠阿砲茲辰導発が開始され、さらに実際の設計段階においてこれまでのウラル戦線における数々の戦訓が加味されることとなった。{{br}} 
  • ヘーアに関する覚え書き -  そのためMBTは、機動力は高いが装甲が薄いレオパルト系列に代わってティーゲル系列が主力へとのし上がり、歩兵はマルダーで戦車に追随し、機動力が弱体だった砲兵も自走砲やロケット砲車両(MLRS)で機動的に支援できるようになった。{{br}}
  • ルフトヴァッフェに関する覚え書き -  ・軽装甲車両など{{br}}{{br}}
  • 各国の航空機搭載兵装 -  日本製の<三五式空対地誘導弾>(≒空対地誘導弾10型)をライセンス生産したもので、主に車両などの小型目標の攻撃を想定している。主にF-16〈御陵《ファイティング・ファルコン》明里〉やF-32〈《シュライクA》美也〉、A-9地上攻撃機といった戦術戦闘機や地上攻撃機によって運用される。(形状は史実のAS-10そのまま){{br}}{{br}}
  • 車両 - 車両
  • 巡洋艦〈ブリュッヒャー〉撃沈 - 「早速だが、積載作業を急ぐように。貨物は二種類計六つ。先頭車両のものは、木製梱包されているので、クレーンで吊り上げて適当な場所に固縛すること。後方車両の積載物は金属製シリンダーが三つ。なにか、適当な棒を通して持ち上げれば、二人がかりで運べる。これは施錠できる部屋に保管すること」{{br}}
  • 世界の片隅で自転車を漕ぐ〜「世界」の中の視点から -  唯一泣きを見たのは、扱い慣れない鉄道車両の改造を僅か四八時間で行うよう下達された隆山海軍工廠の技師達だったかも知れない。だが、建造の 指揮に当たった隆山軍事総研の研究員達は、技師・技手達の自尊心を揺さぶって建造を推進し、建造開始から四七時間後―――隆山海軍工廠の引込み線には真っ 白く燃え尽きた技術者集団に囲まれて、装甲列車一編成が出撃の時を待っていた。{{br}}
  • 世界設定 - *日本帝国陸軍 装甲戦闘車両の系譜
  • 東部連合海軍五大湖艦隊スペリオル湖戦隊 -  デトロイトやシカゴからはドイツ人の発注により戦車や各種車両、戦争機材が吐き出され、本来の主だった西方の合衆国人に向けて放たれる。{{br}}
  • 日本帝国陸軍 機動第1旅団 -  その編成とは本来の陸軍の編成とは違う特異なもので、名称こそ旅団で司令官も少将が任じられているも、配下にある各連隊の兵力は中隊規模であり、さらに平時においては第1連隊、第3連隊はコア部隊として存在するのみであって完全充足にあるのは第2連隊の1個中隊のみである。しかし、その隊員は精鋭である第1挺進連隊(≒空挺部隊)を中心に全陸軍から志願して厳しい選抜訓練を耐え抜いた正に精鋭中の精鋭によって編成されており、その訓練内容も隠密潜入や敵地でのサバイバル技術及びCQB訓練・さらには車両のみならず各種小型航空機や小型船舶の操縦技術すらも含まれた非常に高度なものであることから、総合的な戦力は非常に高く評価されている。{{br}}
  • 日本帝国陸軍 装甲戦闘車両の系譜 - 日本帝国陸軍 装甲戦闘車両の系譜
  • 日本帝国陸軍歩兵火器に関する設定案 -  四九式小銃の全長を短縮したモデルで、当初は空挺部隊や特殊部隊向けとして製作されたが、その取り回しの利便性から車両搭乗員の自衛用火器のみならず一般の歩兵部隊にも配備が進んでいる。現在使用されている四九式短小銃改は上記四九式小銃改と同様に各種のアクセサリーが取り付けられるような改造がなされている。