トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • 〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉 - 〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉
  • 〈穂村《一式中戦車チヘ》悠夏〉 -  〈三式中戦車チハヤ(T−34/88)〉の登場以後は主力の座を譲ったものの、〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉や〈松倉《三式戦車回収車》明日菜〉、自走砲、架橋戦車、対空戦車、ロケット弾搭載車、弾薬運搬車など各種の派生型のベースとなり、また増加装甲を取り付け、主砲をボフォース75ミリ高射砲の改造型である四式75ミリ戦車砲(56.4口径、初速860m/s)に換装するなどして補助戦車として戦線を支え続けた。第2次世界大戦から第3次世界大戦終盤まで長く使われ、その意味で〈穂村《一式中戦車チヘ》悠夏〉こそ陸軍機甲部隊に「もっとも親しい存在」であった。{{br}}
  • 〈芳野《八九式中戦車》雨音〉 -  主砲の57ミリ短戦車砲は慣熟した砲手ならば毎分○○発(〈八車《七式中戦車》文乃〉の毎分○○発を上回る数値である)を発射することができ、機銃座を破壊するのに効力を発揮した。砲塔後部機銃も用いたならば発射弾数はさらに増える(後部機銃を装備したのは本車だけで、〈穂村《一式中戦車チヘ》悠夏〉や〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉が配備される頃には後部機銃が無いのが普通であった)。しかし、徹甲弾を用いて射距離100メートルで貫徹装甲厚が10ミリ程度と対戦車戦闘を考慮していなかったため、ソ連より中国共産党軍に供与されたBT7戦車に苦杯を舐めることとなり、それは内蒙古の綏遠における戦闘での「雪原の悲劇」として現れた。{{br}}
  • 醜羹点鐚屐卞嘉隋團疋薀奪悒鵝娵亜 -  そのため一発放った後、次弾装填にもたついている最中に履帯を破壊され、〈八車《七式中戦車》文乃〉や〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉に肉迫されて装甲の薄い部位に砲弾を叩き込まれる羽目に陥り、砲弾や装薬の凄まじい誘爆で真っ二つになる事例が相次いでいる。{{br}}
  • 車両 - *〈松倉《三式駆逐戦車》藍〉